1Q84』はかなり前に読み終わったけど、感想を書くという気持ちになれない。ラストに救いがあったけど、前衛的な感じで、私は読後感がよく無かった。ブログ等を見ると、ヨカッタ!という人もいて、私にはちょっと・・と引いてしまう。『ねじまき鳥クロニクル』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んだ後は、しばらくその世界に浸り、その後も何回か読んだが、『1Q84』はそれとは大きく異なる。いつもは彼独特の比喩が面白くて、それも大きな楽しみだが、今回はその点でも劣っていると思う。読まれた方はいかがでしたか?主人公の一人に「青豆」が登場するが、先日別の「あおまめ」に出会い、嬉しくなった。ふっくら豆型イヤホン「そらまめ」「あずき」「あおまめ」など。
「日立マクセル」の製造。メタリックな色がそれぞれ素敵だ、わたしは「あおまめ」が好き。コードは「豆のさや」に収納できるというから、ますます惹かれるよ。よくぞ考えてくれました。こういうのは、私は大好きなのです。
http://bcnranking.jp/news/gallery/0907/090708_14581p1.html
今日のランチは「牧場スタイル」というお米カフェに行ってきた。「女性と仕事の未来館」の中にオープンしたきれいなレストラン。小鉢物やデザートを組み合わせ、多種多様なとりあわせができる。「フォアグラ丼」を食べた人が、かなり満足しておられた。毎日数個しか作れないようだが、次は私もそれを食べたい。
http://www.miraikan.go.jp/
先日来描いているカットの一つをアップします。