雲梯 うんてい

雲梯にぶら下がってみた。足が地面に着いてしまう。がまんしてブラブラして、振り子のように振ってみた。次に届くかもしれない。腕の痛みをがまんして、足を振ることに集中して鉄の棒を一つ飛ばしに進んでいった。できた〜〜〜!感激!「うんてい」は「運」「提」(うんてい)だと勝手に思っていたら、「雲梯」って書くと知って、これまた感激だ。雲のはしごって、ジャックと豆の木ではないでしょうか?小学校の片隅にあって、黙していたなあ。雨の日には鉄の匂いがした。手に豆ができたら、鉄棒では毛糸のセーターを巻いたりしたけど、うんていは素手しか無理だったな。・・とか思い出した。とにかく天に向かう静かな遊具なのですよ。私がトライしてできた近くの公園の写真をアップします。

f:id:miyaketti:20160309105244j:plain

f:id:miyaketti:20160309105321j:plain