読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国会前

8月30日と9月15日には、国会前に一人で安保法案反対のデモに行った。半藤利一氏の「昭和史」の本を読んだり、大岡昇平氏の「野火」を読んだこの夏だった。私は明治から昭和にかけての日本を、ほとんど知らなかったから、知るためにこの本を読み始めた。今の時代の空気を、過去を知ることで見てみようと思ったから。本を読んで、いとも簡単に、戦争が起きること、いろんな意見があっても、トップの数人の意見だけでゴーサインを出して、そのままなだれ打って戦争につながることがわかった。誰しも戦争は嫌だと言いながら、国を守る、八紘一宇の精神に基づいてと言ってしまうムードを作っていき、人々はそれに押し流されて行ってしまうものだ。そんなことを感じさせる本だった。そう思うと、今の時期はまさしく戦争が起きるムードである。流されることなく、国を守るとは何かを考えなくてはいけない。敗戦の日本が得た憲法。それに基づき平和主義を守って70年が過ぎたことを大切にしなくてはいけない。経済を優先した国を作ってここに来た。だから私は毎日戦争のことなんか考えなくても暮らせてきた。沖縄に基地をおまかせして、自由な毎日を送ることができたのだ。これからこの国をどうしてゆくのか。それが問われる安保法案である。集団的自衛権を解釈だけで容認するのは、憲法違反であり、説明の上、国民投票するべきことなのに、強引に採決に持ち込んでしまった。今後の動きを注視しなくてはいけない。国会前に多くの人々が集まったこと、若い人々の行動に大きな力を感じる。いてもたってもいられない気持ちを持って、みんな集まったと思う。私もそうだった。数の力で強行採決されてしまった。なんとも言えない気持ち。

30日と15日に撮った写真をアップします。

f:id:miyaketti:20150830144925j:plainf:id:miyaketti:20150830144738j:plain

f:id:miyaketti:20150915191716j:plain

f:id:miyaketti:20150915213116j:plain

f:id:miyaketti:20150915190852j:plain