ゴイサギのいる三宝寺池

寒くなるのはイヤだけど、池に鳥たちが来るのは嬉しい。寒くなるとカモは、羽の色がくっきり鮮やかになる。最近はゴイサギもだんだん増えて、20羽くらいは見かけるようになった。公園の入口から歩きながら、「今日は何羽くらいに会えるかな?」と思い、近づくと池の面にその白い色が映っていると、「アッ、居るよ!」と思い、「何羽かな」「一杯居る〜よー」と誰かに言いたくなるのがこの時節なのだ。静かなゴイサギが、先日はカラスを嫌がって、ツンケンしているのがわかった。カラスは単にちょっかいを出したいだけなのか、果敢にもゴイサギの止まっている木に止まり、ソワソワしていたけど、結局体の大きいゴイサギの空気を読み取って飛んで行ってしまった。カラスはゴイサギの気配を感じられる賢い鳥でした。その時の絵を描きました。また、今日も、昼時にそこへ行って、描いてきました。ペインターツールで新たに書き直し、濃厚なアクリルの筆タッチを用いてみました。それぞれアップします。

f:id:miyaketti:20150118224424j:plain

f:id:miyaketti:20150118224437j:plain

f:id:miyaketti:20150118224453j:plain

f:id:miyaketti:20150118224506j:plain