志村ふくみさん 紬の着物 丘の上のAPTにて

先日は、国分寺にある「丘の上APT 児島画廊」に行ってきた。通称チョコレートハウス。薄皮が重なったチョコレートみたいな壁に、ちょこんと横に付け足しの屋根がある。愛嬌一杯のこの形は、樹の上の茶室を思わせ、藤森照信さんの建築かと思った。果たして、そうでありました。いや〜建物をへしゃげたと言うか、アッと言わせる形。庭も荒れた感じで、流木アートみたいなベンチとか金網がある。ミロコマチコさんの動物を添えたら、きっと似合うと思った。画廊では、今ちょうど志村ふくみさんの紬の展示中。草木染めの糸を、縦横に織り上げ、草原のような陽の光の中にいるような気持ちにさせる。画廊にはユニークな流木アートみたいな椅子もあった。展示良し、建物良し、風景良し。胸がふくらむ日でした。写真をアップします。

f:id:miyaketti:20141107141556j:plain

f:id:miyaketti:20141107142030j:plain

f:id:miyaketti:20141107142042j:plain

f:id:miyaketti:20141108090210j:plain

f:id:miyaketti:20141108090243j:plain