読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅花

30年以上前、八幡平あたりを旅し、紅花染めの印鑑入れを買ったことを思い出した。ほのかで上品な薄桃色は、オレンジ色の紅花から採れる。キク科の紅花を摘んで、水洗いして乾燥させることを繰り返し、烏梅(ウバイ)と言う梅を真っ黒に燻蒸した物を少し加えた物に漬け込む工程を経て、紅色になると言う。この魔法のような変化を、よくぞ発見したなあと思う。花や実と温度と時間が生む色だ。そんな紅花は、今の季節に花咲くらしく、スーパーでも買うことができた。ツンツンと尖った花とオレンジの色が好きで活けてみました。枯れて来ると、栗のイガのようで、葉っぱは砂漠のような色になり、シルクロードを思わせる。パソコンで絵を描いたので、アップします。尖った感じにとらわれてしまった。

f:id:miyaketti:20140709231416j:plain