読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高尾山 ムササビが居た

三連休の真ん中は、友達と高尾山に行ってきた。この足でゆっくりと登ってきた。初めは急だけど、道がしっかり整備されているので歩きやすく、疲れること無く頂に到着。六甲山を共に登った友人と、30年ぶりに一緒に登る。彼女は鳥に詳しいので、双眼鏡も持って来ていた。その双眼鏡を借りて、しっかりムササビのカワイイ顔を見ることができたのが大いなる収穫だった。下山途中の吊り橋を過ぎたあたりに、高い杉があって、そのウロにいましたよ。初めは樹のコブかと思ったけど、ムササビがちょこんと顔を出しているのだった。高いので裸眼ではサルのようにも見え、でも彼女の双眼鏡のお陰で黒い丸い目と丸い鼻が見えた。けっこうジッとしている。人垣があったので、私も気づいたけど、高尾山にはまだムササビとか蛇とかリスとかがいるらしい。連休で人は多かったけど、満足に歩き、満足にしゃべれた山行でした。その近くに「ヨゴレネコノメソウ」と言う小さい花が咲いていた。望遠レンズで撮っている人に教わった花です。小さくて、ナズナみたいな大きさ。花は赤と黄色にくっきりと分かれるらしいが、この写真からは赤のみです。かわいいので写真を撮りました。山頂からの富士山と、ムササビの樹とヨゴレネコノメソウの写真をアップします。

f:id:miyaketti:20140322121029j:plain

f:id:miyaketti:20140322132413j:plain

f:id:miyaketti:20140322151642j:plain

f:id:miyaketti:20140322152816j:plain