読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達が作った小冊子

先日、小島操さんというケアマネージャーの友人が小冊子を発行した。彼女は私の山登りの友達で、一緒に徳沢の山小屋でアルバイトをした人。元々、文を書くのが好きで、それもステキな文章を書ける人。ケアマネージャーとか社会福祉士とか精神保健福祉士の資格を持つ上、読みやすい文章を書ける人なので、月刊介護雑誌にエッセイを連載している。そのエッセイが50回を超えたので、彼女は小冊子の発行を決意した。私はそのイラストを毎月描いている。私は実は、彼女が私に「描いて」と言ってくれたことに、とっても感謝している。毎月彼女の文章を読んで、それからイメージした絵を描ける時間は、楽しい。想像した絵が描けない時には、困ったなあ、と思いながらも、あれこれ思いめぐらし、違う角度から考えたら描けたりするのが、又楽しい。

今回は、表紙の絵や裏表紙も描いた。と言っても、今まで描いていた一つに色を付けただけだけど。本の形になって、私の友人に送ったり、手渡したりして、その反応が来て、これまた楽し!です。出版の喜びに立ち会えるなんて、彼女に感謝している。

本の表紙をアップします。興味ある人は買ってくださいね。日本工業出版の発行です。

f:id:miyaketti:20130907210716j:plain