読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お月さん

9月になって、今日が初めての日記となる。今日は中秋の名月 お月さんこんばんは
ブログは長い間ご無沙汰してしまった。昨日、Toeicの試験を受けてきて、ほんとに無謀にも受けたなあ、という気持ちだ。受けることにしてから、一応テキストをしたり、リスニングをしていると時間があっと言う間に過ぎて行って、あれこれやることを削っていったら、ブログも書けなくなっていた。それっておかしくない??生活は私の暮らしだし、自由に形作って行くのに、何かを決めて、それをやると、本来したかったことができなくなる。ほんとに私はこのテストを受けることを決めて良かったのかどうか?そんなことを思う暇もなく、テキストを読んだりして過ごした。結果、全然ダメダメで、この時間は何だったのか?とか思っている。私は、仕事でToeicに関係があるわけではなく、日常生活に必要でもない。このテストはやってみてわかることだけど、時間が短すぎて、一個一個考えて解いてゆくものではない。反射的にやらないと、最後までたどり着けない。その対策として、どんなやり方があるか、などなど、色んな人がネットに投稿しているよ。受ける人が多い分、ネットの注目率も高い。何事も分析してことに当たる人が、きちんと報告してくれたブログを見ていると、その内容だけで、感心してしまい、こんな風に物事を分析してやっていけたら、何でも克服できるんだろうなあと感心してここに至っている次第です。
http://matome.naver.jp/odai/2131544492004485901
まあ、ダメでもチャレンジしたことで、どんな物かわかった。ほんとは、英語を聞けて、話せるようになりたいという小さな願いだけだ。日本だけで暮らすのではなく、どこかの国で暮らしてもよいと思う私。原発のこともあったし、日本にとらわれることが無いと痛感する日々だ。そう思って、英語はツールとして身につけたいと思って、オンライン英会話を始めたのが、去年の末。それを続けるのは楽しいし、でも漫然としているよりは、と考えてToeic受験をした。このテストは今後、もっと日常の会話ができるようになった日に受けてみようと思う。受験会場では、欠席の席もあった。それを見て、私はここに座って受けることができたんだな、病気でもなく、家族の用事もなく、ここに受験することができたんだなあ〜〜幸せなことだと思った。とにかく、終わった!行きたかった展覧会に行って、読みたかった本を読もう。たくさん眠ろう〜〜