読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週からうだるように暑いのに、帰宅したら蚊をたたいたり、コバエをゲットしたりと忙しい。自然と眼が壁の黒い物に反応して、「アッ!コバエ!取ろう!」としてしまう。上手くゲットできたら爽快だけど、そんなことは無く、己の無能さ、反応の遅さに落ち込んでいる。暑いだけで疲れるのに、よけいにグッタリ〜〜 そこでいよいよ「コバエコナーズ」を買ってみた。アカン!!ゼーゼン取れないよ〜 その上をスイスイコバエが飛んでいる。人に聞いたら、「去年1匹取れただけやったよ」とのお言葉ではありませんか?何やこれ?と思うが、まあ1ヶ月は設置して様子見としよう。
http://www.kincho.co.jp/seihin/01/line_kohae_konners.html
この暑さに反応し、去年のしんどさが戻ってきたかも。でも食欲はあるので、今のうちに栄養を補給しておこう。
今週感激したのは、500円の和食ランチ。あれは500円以上の食材だ。凝ったメニューにオドロキ、デザートにもオドロキ〜〜職人さんらしい一日十食限定の作品という感じだ。ごはん、みそ汁、サラダ、ジュンサイの横に、塗りの箱に煮物等が盛ってある。蒸し米の上に穴子と思われる魚の焼いたのがオンされたり、松葉にピリ辛こんにゃくとジャガイモが刺してあって、トマトソースで食べるなど、一風変わった品々。他に、あわびの貝殻につくね(鶏肉か、魚みたい)が入っている 玉子焼き サツマイモの甘露煮 まぐろの肉厚お刺身 自家製と思われる漬物。デザートはガラス鉢に入ったババロアみたいで、中にはスイカ、メロン、キーウイ、バナナ、リンゴが入っていて、上に黒蜜がかかり、杏の煮たのがポンと置いてある。これはきっと夜のメニューの試作品作りと思う事にした。「さかもと」というお店は下記に紹介あります。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13083468/
開高健が、料理のコメントに「口と舌」・・酒を一滴、舌にのせ、歯の裏、舌の全体でころころ回し、それからごくりとのどへ送りこむ。これがふつうの飲み方だが、その最後にもう一回、歯ぐきに回してやる。歯ぐきにしみこませるのである。 と書いていた。そんなことを考えさせる店でした。
傘と椅子の絵を描いたので、アップします。