読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かできることあれば、と思って、先日「ピースボート」主催のボランティアの説明会に行ってきた。釜石市だけではなく、東京でもできる後方支援活動があると知って、私もできそうかな?という気持ちだった。東京では、募金、シール貼り(店舗にピースボートのシールを貼って、活動を知ってもらい、広める)、説明会の手伝い、釜石市へ行く時の送り出しが主な活動である。私は結局、雑巾を縫うということにした。被災地では、汚泥の除去にたくさん分厚い雑巾が必要ですとの話だった。いつかバスマットにしよかと、家には古いタオルやバスタオルがあるので、私には片付けと断捨離も兼ねて、一石二鳥だ。これぞ、私にピッタリのボランティアだと思って、黙々と昨日は雑巾を縫った。縫ったのは5枚だけど、今まで作って放置していたバスマットも7枚あったので、それを今日届けに行った。
雑巾を縫うという、今まで何度もやってきたことを、あらためてネットで調べたら、極意が紹介されてあり、目からうろこでありましたよ。「タオルの端っこを切る。ここが固くて縫いにくく、ミシンの針が折れることもあります」〜〜オオーその通り。私は何度も針が折れたよ〜。そしてタオルの折り方にも、感心した。ずらして折ってから、半分に折るとほつれないということ。これからは、こうして縫います。一つ賢くなりました。ネット様々です。
http://yousai.net/nui/zoukin/index.htm
このサイトには、カバンの作り方も紹介され、またカバンを作ってみたい気持ちになった。布の整理もしていたら、カバンに良さそうな布もひょっこり出てきて、作るしかないかも。
最寄りの石神井公園駅は高架になった。線路に別れを告げたので、その写真をアップします。暗いけど、感じだけでも記念に撮りました。