読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノアビルの黒い恐怖さえ覚える建物は、白井晟一氏の建築だった。こんな建物を生む人はどんな人だろう、という気持ちから、白井晟一展へ行ってきた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%BA%95%E6%99%9F%E4%B8%80
パンフレットにある本人の顔は、哲学者そのものだと思った。展覧会の印象は、削ぎ取られた感じ。簡素美というか、禅みたいな何かが流れていた。
彼の住んだ家は東京都中野区にあり、分厚い塀に囲われた「虚白庵」と呼ばれたそうだ。解体されて今はもう無い。その写真から、ほの暗い書斎と中庭の白さがうかがえる。この白さを大切な空間とし、「虚白」と名付けたのだろうか。その他、彼の建築物の名前は「昨雪軒」「柿腸舎」「雲伴居」「懐霄館(かいしょうかん)」「瑠璃光堂」「石水館」「煥乎堂」「歓帰荘」などなど、詩的で意味を秘めているようだ。「無窓」という本が復刊され、彼の考え方が記されているようだ。実際私の行ったことのあるのは、「松濤美術館」のみだけど、レンガの様な松のゴツゴツした幹みたいな鎧に囲われたところに、スッと入り口があり、不思議な建物だったことを思い出した。内に内に深く掘り進んでいくには、こういう空間がぴったりなのかなあ、と単純な私は思ったのです。白井晟一研究所のブログが充実しているので、読んでみました。下記です。
http://shiraiseiichi.jugem.jp/?page=3
今日のチケットをアップします。