読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先日は「再発見!クレパス画」展に「うらわ美術館」へ行ってきた。三岸節子脇田和の作品があることが魅力で訪ねたが、嬉しいのは猪熊弦一郎があったこと。村井正誠のコラージュが面白かったこと。クレパスという素材は、手軽な様で奥が深いと思った。「安価で発色が良く、線描だけでなく色面を厚くマチエールをつけて塗ることができて、紙などへの定着性にも優れた身近な描画材料」と紹介されているが、ホントにその通りだなあ〜と思う。私も、スケッチの時にクレパスを使うが、厚く塗ると重厚になり、深みが出ることがあるよ。そんなクレパスを、それぞれの画家が、それぞれの形で自由に用いて、リラックスした面を出していたようだ。やはり、線の勢いが大事だなあ〜と見回してきた。三岸さんの赤茶色と黒の「花」という作品があったが、気になって引き返して見てしまう、そんな力を持っていた。
http://www.uam.urawa.saitama.jp/tenran.htm
パンフの写真は下記です。
また、先日描いた「腰越漁港」の絵を、ペインターで再度描いたので、それをアップします。