読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜひとも行きたかった「三月の羊」のお店に行ってきたよ。ほわん〜と優しい店主さんが、一生懸命作っているなというお店。茶色いドアを押したら、ゆっくりした時が流れ出す。木製の机と椅子があって、絵本があって、クッキーと羊の形のケーキがポツン、ポツンとある。茶色い色が良いのか、左に見える庭が良いのかわからないけど。仏像を見たときみたいな心持ちになる場所なのだ。店主さんは化粧っ気がないのに、白くて透き通った肌をしていて、微笑みながらレジをして、袋に入れてくれた。「ラムラム」というこの店のメレンゲで作ったお菓子みたいな雰囲気の人かも。
http://rumlamb.tea-nifty.com/blog/2010/02/post-2b4d.html
「大沼に着いたら、ゆっくり始めます。こちらを片付けることだけでいいのです。」と話しておられる声が聞こえた。羊の近くで暮らして、クッキーを作って行きますと、サラッと大きな音をたてず言われる。歯車が回って、次のステージに移るのに、こんなに自然に力を抜いて話をする店主さん、頑張ってという言葉が似合わず、そのままゆっくりと、じっくりとやって下さいね!と声をかけたい気がした日でした。「ラムラム」「クッキーセット」の缶入りを買ってきたよ。缶の羊がこっちをみているよ。
店の写真を撮ったのでアップします。