読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お正月明けは、2日から美術館がオープンしていたので、さっそく「早川良雄展」に出かけた。彼の作品は、以前「gggギャラリー」で見て、「形状」の作品に強く惹かれたのだ。今回もその作品をしっかり見、「顔」のポスターの「かんざし」の粋な構成にイイナ〜!と胸がドキドキした。黒い画面の隅っこに、赤と黄色がくっきり生えている。大胆さが好きだ。形、色、それぞれがちょっとしたことで際立っていると思う。このちょっとしたことが素晴らしいのだ。会場は皇居東の近代美術館。年末に皇居ランした時に、紀ノ国坂のゆるい昇りにかかるあたりに見ながら走った建物だ。しかも新春は無料だったので、私は内容も場所も価格も全て良し!と思って行ってきたのだが、大満足。
http://www.momat.go.jp/Honkan/Hayakawa_Yoshio/index.html
絵を見てから、北回りで半蔵門まで歩いた。ランの時には暗くて見えなかった「県の花」のプレートを、陽の光の下で見られて、こういう花だったんだ、と解明できて嬉しい。お堀の水が光って、静かなお正月が明けました。よい一年でありますよう。
おせち料理の絵を描いたので添付します。おせちは、形だけでそんなにおいしくは無いけど、「ごまめ」を味付けした後、カレー粉をまぶした「カレーごまめ」が私は好きです。