人ごみはイヤだけど、どこか気分転換に行きたい。そう考えて選んだのは「いわさきちひろ美術館」。歩いて20〜30分。庭を囲んだ2階建てのゆったりした美術館というか家なので、ゆっくり落ち着く場所なのだ。行って、彼女の部屋を見て、いつものことながら胸がつまった。自宅でなんとか時間をやりくりして机の前に座って、没頭して絵を描く時間。そんな彼女の人生があの部屋には詰まっていて、筆や絵具やスタンドなんかみんな彼女が使いやすいように、彼女らしく工夫して置いてあって。そういうありのままの時間が詰まっている部屋を見ると、ああ〜と思う。ピアノの前に雪靴やミノがあり、素材としてスケッチしたのだろう。電気鉛筆削りや小さな水道も仕事には欠かせない道具だったと思う。頭の中で浮かんだ物を、この部屋で形にしたり、ぼんやり考えていた事がここで形になったりで、作品が生まれたのだと思う。今日の展示は彼女の絵「こども」「あかちゃん」と「ねこねこ大集合」の企画だった。私は猫は好きではないけど、荒井良二エリック・カールのコラージュの猫が見られて、面白かった。私も来年のトラの年賀状はコラージュにしようかななどと思いながら、色んな猫を楽しんできたよ。http://www.chihiro.jp/tokyo/onexb.html
1階の外のカフェでコーヒーとケーキを食べ、その食卓の小瓶の花をスケッチした。何か描きたい、そんな気分だったのです。ここのコーヒーはとっても美味しい!
今朝池の周りを走ったらススキがきれいだった。その写真を撮りました。アップします。