昨日会社で「敬語の研修」というのがあった。わかったような、わからないような、消化不良の気分。「言葉は時代とともに変わって行く」もので、多くの人が使う様になると、それはOKとされるから、一定の基準に照らし合わせても、必ずしもダメとはならない。だから、これは使えない?ということが、いつの間にか市民権を得ることが起きるので、私は混乱してしまう。例えば、私は日頃「○○ということをさせていただいております。」という言葉はダメと思っていたし、この言い回しが嫌いだった。特に国会議員や官庁関係者がこういうことを話しているような気がする。昨日の研修では、これは間違いではないということだった。分析したら、1.相手側または第三者の許可を受けて行い2.その事で恩恵を受けるという事実や気持ちがある場合に使われるとのこと。なるほどな〜この分析を聞いて、納得した私。納得したけど、生理的に嫌いな事は変わらない。
墨田区向島百花園のもう一枚の絵をアップします。萩が見頃でした。