先日、全身に酸素をリフレッシュチャージ!できるという「酸素カプセル」に入った。ずっと寝不足だし、2月から左足の裏側が引きつる様な感じになって、それがまだまだスッキリしないし、何より、どんな感じになるのだろうと気になっていたから。30分入って、いつの間にか寝ていたが、可もなく、不可もなくという感じ。気持ち良いという実感は全く無く、初めに気圧を高める際に、耳が塞がれる様な気分になり、何度もツバを飲み込むなど、忙しかった。酸素の吹き出し口はわかるので、その側で大きく吸い込んでも、何も感じなかった。「こんなん、もう一回きりにしよう!」と思ったが、よく考えると翌日から足の痛みがかなり減っている。空気様々?か治る時期であっただけなのか、誰にもわからないけど。「酸素カプセル」の説明では、1.25気圧の中で溶解型酸素を届けるので、毛細血管にも届き、細胞の働きが良くなり、疾病の予防や疲労回復ができるということだ。お腹がすいた時に、何か美味しい物を食べて満足できるというような、直接の感覚が全く無く、やっぱり無駄だったのかなあ〜とか思い巡らすのです。
以前買った「あくとりお玉」という製品は、お玉の底にボツボツの突起があり、アクの浮いたお鍋に、その底を付けると、アクがスッとくっ付いて、これぞ!と実感できた。こんな風に眼で見えるモノに頼りたいなあ〜。
http://www.tigercrown.co.jp/amenity/products/P2165.htm
キリンの付箋」をアップします。動物の好きな会社の人がプレゼントしてくれたカワイイ一品です。