今朝はピリッと冷たかった。それにセミは鳴いてない。一日中涼しい風で、足下がヒンヤリとした。ほんとの秋になったのかなあ。それでも、夕方近くを歩いていると、ブルーの朝顔が咲いていた。それも樹に一杯巻き付いて、その水色が秋の空にマッチして、立ち止まって見上げてしまった。くるくるしたつぼみは、ツンと天を指している。このブルーが目の裏に残って、爽やかな風と一緒に歩いた夕方でした。イタリアンレストランの門のそばです。写真を見て下さいね。ぜひ。