何気なく、黒田征太郎さんのことを調べていると、ちょうど今夜、ドキュメンタリー映画「ヒロシマ ナガサキ 〜WHITE LIGHT BLACK RAIN〜」がNHK衛生放送 BS-hiで放送されたことがわかった。
以下紹介文です。
「アカデミー賞ドキュメンタリー映画賞にも輝いたスティーブン・オカザキ監督が25年の歳月をかけて完成させたドキュメンタリーです。被爆者14人の証言と原爆の爆撃に関与した4人のアメリカ人の証言を軸に原爆とは何か、その原爆によってどのようなことが現実のものとして起きたのかを伝えています。ラストでは2005年に広島の原爆ドーム前で行われたPIKADON のLIVE映像が挿入されています。近藤等則さんのトランペットに合わせて黒田征太郎さんがライブペインティングを行っています。」
映画のHP↓
http://www.zaziefilms.com/hiroshimanagasaki/

黒田さんは「PIKADONプロジェクト」で彼の考えを述べている。クレヨンで描いた絵が、私はとっても好きだ。シンプルな線で大きなメッセージを伝えている。このことは、また明日詳しく書きます。絵本の続きをアップします。