一寸だけと思って数字のクロスワードパズルをしたら、はまってしまい、ブログを書くのもそっちのけになってしまった。★5ツの難問は、やはり難問だった。母は10年来そんなパズルにはまっている。今は、2ヶ月に一度発行される「ナンプレjoy」とかいうのを定期的にやることに落ち着いたらしいが。最初は言葉を並べるのや、難易度の様々な物を解いていた。今では、言葉並べは飽きるので、数字が面白いということに行き着いたらしい。コツは「4Bの芯のシャーペン」と「良く消えるケシゴム」を用意すること。そのケシゴムかすを「コロコロカーペット」で掃除しながらやるようにとのアドバイス?も。私は「カドケシ君」のケシゴムをプレゼントしたが、あれは使っていると丸くなって、そこから先は不便極まりないと使用感の悪さを訴えていた。デザイン性も素晴らしく、ヒット商品だが、使う途上でのユーザーの声は聞いていなかったということかも。数々のアイディア商品は、見た目とか人間工学を取り入れたものが多いが、使うシーンが変わるとどうなるかということも考えて下さいね。「カドケシ」は下記の通りです。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/kadokeshi/
今日は、「森南海子さん」のデザインのスカートのゴムを入れ直した。好きなギャザースカートと上着だが、長年の愛用でゴムがダメに。ゴム通しはめんどうくさいが、アイディアを聞いたので、その通りやってみたら、見事に上手くいった。旧い抜くゴムの先端に、新しく通すゴムを結びつけ、そのまま旧いゴムを抜くと、結びつけた新しいゴムがスルスルと入ってくれるという仕組み。スルスル通る喜びで一杯でした。スカートの写真をアップします。

コウコさんの続きもご覧下さい。