今日はたけのこを茹でて、「ふき」との煮物を作ろうと思い立った。一年に一回くらいしかしないので、ネットのレシピで確認する。

「ふき」はその大きなはっぱがユニークで、とカエルの取り合わせが浮かぶけど、そんな絵本はないかと探してみた。ぴったりのは無かったけど、「ふき」という女の子の物語、滝平次郎の切り絵の絵本が見つかった。私は中学の時、「花さき山」の切り絵を見て、真似してひがんばなの切り絵を作ったことを思い出した。祖母が亡くなったとき、たんぼに彼岸花が咲いていて、その赤さにドキッとしたのだ。「ふき」の絵本は下記の通りです。
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-03453-5.html

先日出した5月人形のミニミニサイズをアップします。金太郎とさる、うさぎ、くまは、出産のお祝いにいただいた豆粒のような人形です。その後ろの木製の作品は、小黒三郎氏の「こいのぼりに乗った男の子」です。後ろの丸いのは、紙皿に私がパピエ・コレで金太郎のイメージを貼りました。雑誌をちぎって貼ったのです。下に敷いてある畳は、友人のお父さんが畳屋さんで、ミニ畳を作って下さったのです。