田島征三の「ふきまんぶく」という絵本がある。ふきのとうの方言らしい。ひとつひとつに小さな赤ちゃんがいる物語。ほんとに、この形は面白い。先日東北に行った人から、摘んできたふきのとうをたくさんいただいた。
今日はその絵を描きます。

]