今日は冷たい雨。桜の開花が23日だというが、この雨でつぼみはふくらむ気持ちが失せたかも?
私も家にいて、今までの絵を整理していた。しかし好きなあの2枚が見当たらないので、どこへ行ったのだろうか?あったものは、とりあえずデジカメに収めてブログにもアップできるように準備をした。こうして整理していたら、自分の描いてきた傾向がわかり、それから脱皮したいと思う。

物を残すより、整理してシンプルにしたいとかねがね思った私だが、下記の記事にも背中を押されたと思う。
この人のブログは壮絶だ。こんな世界があるのか!と息を止めて読むブログである。
http://blog.goo.ne.jp/keepers_real/
遺品整理屋は見た! 2006年11月 朝日新聞「ひと」より
4年間で4000件の遺品整理を扱ってきた。9割が孤独死という。遺体の発見が遅れたり、事件に巻き込まれたりしたケースは悲惨だ。それでも「絶対に断らない」が信条。依頼はSOS断れるわけがない。28歳の時にトラック一台で引越屋を始めた。「何でもやります」を売り物にして遺品も引き受けるようになった。遺品の供養、消臭消毒、リサイクル、形見の配送、「全部頼んでもいいの?」と驚く客の言葉がきっかけで、02年に遺品整理専門の会社「キーパーズ」をアルバイトと2人で始めた。今は社員20人に。明日は我が身。私物はほとんど持たない。

瓜の次のページをアップします。