「しあわせなふくろう」という名の、神戸の小さな画廊で、今年9月にあべ弘士さんの個展があるそうだ。さえみさんから、「ふくろう通信」を添付してもらったので知ったこと。さえみさん、ありがとうございます。この通信を見たら、画廊が始って今年で19年目とのこと。震災も乗り越えて、皆が集まれるスポットを守り続けている。私は過去に、保手浜さんの個展を見に行ったこともある。歩いていると、ふと足を止めて入ってみたくなるお店。保手浜さん版画の「のはらうたカレンダー」を扱っているお店です。この通信をアップしようとしたけれど、文字が小さくなって見づらいので端っこの方だけアップします。写真の欄をご覧下さい。

桜の樹を削った、温度計の写真を撮ったので、添付します。今日は4月並みの暖かさで、さくらのつぼみからピンク色が見えましたよ。