昨日は東京マラソン。先輩が黒い上下で出場したが、どこかわからなかった。「東京は緑が多く良い街で走りやすい、楽しい!」と言う先輩。3月には荒川マラソンもあるし、冬はランナーにとって勝負の季節らしい。私も家の近くを時々走るが、長続きせず、長距離なんて夢のまた夢だ。その近くの池にたくさん鳥が来ている。バン、キンクロハジロオナガガモ。時にはカワセミも来る。水鳥の写真と「ふきのとう」と白山陶器の「とりの楊枝立て」の写真もアップします。以前紹介したジュンイチ君の、過去の新聞記事も見て下さい。
★ジュンイチ君 2003年8月の朝日新聞より 
純一君は6歳のとき、訪ねたニューヨークで描いた絵がきっかけとなって創作活動に入った。8歳で個展を開き、10歳で作品集を出版。12歳の時にニューヨークでの個展を実現させた。2001年大好きなニューヨークでテロが起きて衝撃を受けた。昨年訪れた時は「建物のバランスが悪くてショックだった」と振り返った。01年末から、平和のために役立ちたいと「LOVE+PEACE」と名付けた個展を開いている。