北鎌倉から江ノ島へ

ブログの更新が滞ったまま、師走を迎えることになった。日々流されていてはいけないな〜 私の身辺は、退職という大きなカーブに差し掛かって、気持ちが揺れることが多い。11年も続けられた仕事だった。こんなに続けられると思わなかったけど、そうさせてく…

ブラスバンド

石神井公園にステージが完成。地元の大泉高校ブラスバンド部OB達がコンサートを開いてくれた。年齢層が幅広く、おじさん、おばさん達が高校時代に戻ってリズミカルに演奏してくれた。私たちは、木々の下で腰掛けて、ひょっこりひょうたん島の編曲したのとか…

G線上のアリア

ピアニストの友人がヴァイオリンとのDUOを開催した。こんな機会は滅多にないし、ヤナーチェックの曲名もあり、興味を惹かれて行ってきた。いや、こんなにも感動するものなのか、と自分にビックリしてしまった。ヴァイオリンの弦を走る響きが、ビーンと私の胸…

小石川植物園へ 珍しいミズカンナ

秋晴れの日に小石川植物園を訪ねた。そびえる樹々が、どこか遠くへ旅した気分にしてくれる。風が生まれて、鳥の声がして、大きく手を振りたくなった。茗荷谷から歩いて行ける都心なのに、広大な樹林帯と、起伏あるミニハイキングコースもある場所。スケッチ…

トロンボーン 4重奏

私にとって、トロンボーンの音は?と言われると、すぐに思い浮かばない。トランペットの音が浮かんで、イヤ!違う違うと否定して、ホルンでも無いし、オーボエでも無いし、もちろんフルートでも無いし・・と消去していって、サックスが浮かんで、やっとトロ…

国会前

8月30日と9月15日には、国会前に一人で安保法案反対のデモに行った。半藤利一氏の「昭和史」の本を読んだり、大岡昇平氏の「野火」を読んだこの夏だった。私は明治から昭和にかけての日本を、ほとんど知らなかったから、知るためにこの本を読み始めた。今の…

暑い毎日は抹茶を飲む

毎年暑いと言いながら、私はエアコンをほとんど使わない。扇風機とアイスノンで乗り切っている。今年もそれを実行している。いつもの年に加えてみたことは、一つは抹茶を飲むこと。おうすを点てて、赤い楽焼の茶碗で飲む。苦さと熱さが、かえって涼しい気分…

玄関の額 黄色い花に

久しぶりに花を描いた。塊になっている白い小菊が、菊なのに洋風に見えて、描いてみたくなった。三岸節子の油絵の花たちを想像したからかもしれない。一つ一つがかれんで、きれいでというスケッチではなく、彫刻みたいな重さを持った塊としての白さを描きた…

戦争と音楽 コンサート

6月9日に、「戦争と音楽〜闇から光へ」のコンサートに行った。 http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20150609_S_3.html フェリス女子大の学生や卒業生達が、脚本から企画したコンサートだった。 社会的なテーマを持って、競った中で3校が…

ほんやら洞 国分寺

うっそうと緑に覆われたカフェ、国分寺の「ほんやら洞」を訪ねた。普通のビルの端に、こんもりと森のような一隅が、めざすお店だ。村上春樹がかつて営んでいたジャズバーの斜め前に位置するらしい。初めは、お店を向かい側からスケッチしてたら、扉が閉まっ…

新緑の三宝寺池 ゴールデンウイーク

このゴールデンウイークは天気に恵まれた。遠出はせず、飽きもせず三宝寺池でスケッチして来た。緑ばかり、その中で自分の中にピンと来る場所を見つけるのが結構難しい。樹々にはその持ち味があるのに、その表情を描きこなせないで、緑を並べてしまう。こん…

新宿御苑

ゴールデンウイークの第一弾は新宿御苑へ。バラを描く予定が、たくさんは開花してなくて、その辺りをウロウロと。結局、ツツジと遠景のシュロみたいなんを描いてきた。後で見るとシュロはそれらしからず。並木もちょっと遠くへ連なっているように見えるから…

ツツジとボート

ゴールデンウイークに突入。会う約束の友人が急遽キャンセルとなり、私は家のまわりをウロウロと。普段の道も、休みの日には足も軽いよ。そんな目で眺めると、ここもスケッチに良いかなと思える場所を発見した。時間もあるし、小さなスケッチをしてきた。今…

金管五重奏

今日は花冷え?寒くて、冷たい雨の日でした。昨夜の月食も雲の中で見えなかったから、今日の天気は予想していたけど。晴れない気持ちだったけど、明日館のコンサートに行ってきた。行って良かったあ〜。金管五重奏。ホルンとトロンボーンは男性、なんとチュ…

クラリネット四重奏

昼間は暖かい日が続き、桜も5分咲きか?今日は、池袋の明日館へ、音大生のミニコンサートへ行ってきた。毎月何の楽器かな?というのが密かな楽しみだ。今回はクラリネット四重奏だった。クラリネットはバスクラリネット、バセットホルンと普通のソプラノク…

ロベール・クートラス展

先日、フランスの画家、「ロベート・クートラス展」へ出かけた。新聞でふと目にした、小さな作品のあずき色と鉄錆色に惹かれたから。知らない人だったけど、日本にもファンが多いらしい。最終日とあって、松濤美術館には人が多かった。行って良かった!くす…

音楽のおくりもの 親子コンサート

練馬区では子供向けの催しが結構行われているようだ。少子化対策でもあり、会場もそれなりに整備されている区であるのだろう。そのサービスをできるだけ利用しようと、先日は「音楽のおくりものコンサート」に行ってきた。アンサンブル・ディベルターズの4…

またゴイサギ

明日は本来なら「赤羽ハーフマラソン」の10km部門に出場予定だった。でも、「開張足」の痛みのせいで、欠場となってしまった。練習をしようと張り切った矢先、右足親指の付け根が痛く、よもや痛風かと思ったけど、足の形から来るものだった。テーピングやラ…

ゴイサギのいる三宝寺池

寒くなるのはイヤだけど、池に鳥たちが来るのは嬉しい。寒くなるとカモは、羽の色がくっきり鮮やかになる。最近はゴイサギもだんだん増えて、20羽くらいは見かけるようになった。公園の入口から歩きながら、「今日は何羽くらいに会えるかな?」と思い、近…

謹賀新年 2015年

元旦は破魔矢を納めに近所の氷川神社へお参りしました。お参りまで10分くらい並ぶことになったけど、まあ空いている方と思う。寒い中待ちました。皆黙々と並んでいる境内。そのうえ、新しい破魔矢を買うのに30分くらい並んだ。窓口が2つしかないし、売…

しりとりのだいすきなおうさま

練馬区春日図書館で、クリスマスお話会がありました。0歳のチビちゃんも共に行って、みーんな楽しめる、そんな時間だった。素朴な紙芝居みたいな「パネルシアター」と称するのは、王様や目玉焼きの貼り絵。物語をしながら、そんな王様達が次々貼られて登場…

ミロコマチコさん 新宿伊勢丹ディスプレイ

伊勢丹の新宿店のディスプレイにトナカイが一杯〜 タカタカとひづめの音が聞こえて来るような、雪原。かと思えばオレンジ色の狐がこっちを見ている。この世界観はミロコマチコさんならではの大らかさだ。彼女の高見の見物みたいな世界観が好き。動物の持ち味…

志村ふくみさん 紬の着物 丘の上のAPTにて

先日は、国分寺にある「丘の上APT 児島画廊」に行ってきた。通称チョコレートハウス。薄皮が重なったチョコレートみたいな壁に、ちょこんと横に付け足しの屋根がある。愛嬌一杯のこの形は、樹の上の茶室を思わせ、藤森照信さんの建築かと思った。果たして、…

マリンバコンサート 明日館

マリンバの音を間近に聞いて、柔らかい包まれる音だと思った。木をたたくコンコンという音と、ふんわり重なってわき上がる音とがある。一人の男性が両手に二本ずつバチ(マレット)を持って、一度に4つの鍵盤をたたいてくれた。たたくと言っても、はじくよ…

古河庭園に行きました

今日は曇り空。少し雨も降っていたけど、古河庭園に行きました。バラが見頃だと聞いたけど、バラはポツンポツンという感じ。建物の黒っぽさとバラのそれぞれが落ち着いた感じにマッチして、ゆったりした庭だった。人も多くは無く、良い日に行けたなあと思う…

いわさきちひろ美術館

秋晴れの日に、いわさきちひろ美術館を訪ねた。0歳の女の子とママと、ベビーカーを押して行きました。Eテレのアニメなど手がけておられる佐藤卓さんが、この美術館のロゴマークを作成した縁で、今回はちひろの絵と彼のオブジェみたいなのとのコラボだった。…

江戸東京博物館 案内

先日はヒョンなことから、マニラに住むインドの家族と東京見物をした。オンライン英会話の先生とご主人、3歳のキュートな娘さんが10日間の日本旅行に来られたのだ。私はワクワクドキドキだったけど、楽しく、無事に一日が終わった。Keiさんと言う日本の女…

ハスの池 コラージュ

あれから温めていたハスの絵を描いてみました。気持ちとしては、葉っぱが続く青々とした光景を!であったが、実はこんな絵になりました。貼る紙をもっと選ぶべきだった。音符とか貼って、次には別のハス池に仕上げてみたい。日本語の文字を入れたコラージュ…

ハスの池

ハスの池は広々と大きな葉と花を抱いている。灯籠流しでハスの絵を描いてから、ハス池に行きたいなと思っていた。埼玉県に古代蓮の池があり、惹かれたけど、結局、今日、不忍池へ行きました。緑の大きな葉っぱが揺れ、ボツンポツンとピンクの大きな花が空に…

灯籠の絵

灯籠流しが石神井池で毎年あるのです。風情があって、光と水の風景が好きなので、毎年見に行く。来週の灯籠流しには、一つ灯籠を持って行くつもり。義母の初盆になるし、彼女はこの池が気に入っていた。駅前の店頭で灯籠を見かけ、一個買うことができた。中…