読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wwoofという働き方

吉祥寺の町は、そのスペースに個性的な店がひしめいている。洋装店でも、ちょっと特殊なものが並んでいたりする。それを見つけて楽しめる細い道を歩くのが楽しい。 私は初めて吉祥寺を歩いたのが、初対面のHさんとだった。その日から、彼女とは気になるつな…

年賀状 二等賞

年賀状の商品は、切手シートしか当たったことがなかったけど、今年は映えはる2等に当選した。何回も番号を確かめ、これは2等だと、ハガキを抱いて郵便局へ急いだ。雪の日だったけど、郵便局へ絶対行きたかった。景品は「ふるさと小包」から選ぶ。牛肉があ…

ほんやら洞 国分寺

うっそうと緑に覆われたカフェ、国分寺の「ほんやら洞」を訪ねた。普通のビルの端に、こんもりと森のような一隅が、めざすお店だ。村上春樹がかつて営んでいたジャズバーの斜め前に位置するらしい。初めは、お店を向かい側からスケッチしてたら、扉が閉まっ…

樹の下でランチ

新緑の良い季節は、家にいたらもったいない。昨日は、お昼にパンとチーズとゆで卵を持って三宝寺池に行った。お湯はアウトドア用のガスで湧かす。紅茶とコーヒーの簡単なランチも、最高の食卓になったよ。見上げると色んな葉っぱが重なって、細かい光が舞う…

月桃ムーチ

沖縄のお土産に、「月桃モチ→月桃ムーチ」をもらった。葉っぱの上に、蒸したネバネバしたお餅が載っていて、素朴な昔ながらの味がする。私のは黒糖味だった。この葉っぱは何?と思ったら、「月桃」と言う。ショウガの仲間。葉っぱは香り高く、その香りが移っ…

黒七味 薬膳のようだ

先日京都へ行ってきた。祇園や鴨川を歩き、鍵善で「くずきり」をツルツルと食べてきた。程よい冷たさで、ホントに美味しい。シンプルなだけに、この固さとツルツルした感じと温度と、甘い黒蜜の香りとが一緒になって、口にパッと広がる。水を打った庭を見て…

今日は、熊本の「くまもん」デザインのクッキーをお土産にもらった。クッキーそのものも、包装も愛らしい。まる と 楕円形と赤と黒と白だけ。上手く組み合わせたらクマになる。かわいいなあ。昨日はその熊本の「冷や汁」なるものを昼食に食べた。初めてだっ…

これは万願寺とうがらし。いつの間にかこんなにきれいな赤に。先っちょの緑とマッチして、素敵です。それだけのことがなんかウレシイ。

「糀ジャム」に出会った。これは、甘く、なんとなく懐かしい味がする。ベランダというより、縁側で食べた味という感じ。キッチンというより、お勝手で食べる味。そんな味だ。「糀」と「麹」は同じ意味らしい。麹(こうじ)とは、米などの穀物に、コウジカビ…

流行の塩麹を使って、料理にトライしてみた。なるほど、塩麹は塩とうまみがある。まずやったのは、カットした鶏肉に、塩麹をまぶして、一晩置いてから焼くというもの。この「焼く」ときに、「チンしてこんがりから揚げパック」でやったら、なんと・・無事お…

このごろ回りに病気の人が多く、どんよりしている私。本人が一番大変なのに、みんなそれに向き合って、山を越えて行こうとしているのがわかる。見ている私は、自分がそういう立場になったら・・と思うだけで、見ているだけ。そんな時に「ほぼ日」を読んだら…

先日、鴬谷近くの正岡子規が暮らしていた、子規庵に行ってきた。なんと、行った日は彼の命日である糸瓜忌の前日だった。そんな訳で、遠方からファンが訪れているようだった。彼が結核を患い、この家で闘病していた。病床にあって、句に詠んだり、スケッチを…

今週からうだるように暑いのに、帰宅したら蚊をたたいたり、コバエをゲットしたりと忙しい。自然と眼が壁の黒い物に反応して、「アッ!コバエ!取ろう!」としてしまう。上手くゲットできたら爽快だけど、そんなことは無く、己の無能さ、反応の遅さに落ち込…

今日は隅田川を歩いて、描いて、日本橋から北へ歩き、「アートイート」という店に行ってきた。誰かのブログに紹介があって、このホームページを見たとたん、行こうと決めた所。昔の教室みたいで、床板なんか教室そのもの。机と椅子も本棚も小学校の一部屋だ…

この一週間でおいしかったNO1は「ピーナッツパン」。ピーナッツの形のパンに,ピーナツバターがタップリ挟んである。パンの上には、ちょっと固めのお砂糖が塗ってあって、ちょうどメロンパンの感じかなあ。その感じの筋が交差して描かれ、シャキッ!フワッ!…

誰のデザインかわからないまま、神戸のポートタワーや市章山のデザインのある「えびせん」を食べた。エビの香ばしい味わいと、カリッとした食感で美味しい。「桂新堂」という所のエビセンだけど、定番商品ではなく、神戸限定だとわかった。限定となると、か…

今流行の、「シリコンスチーマー」を先日購入し。いくつかトライした。ニオイがつくか?容器の色が移らないか?が疑問だったけど、いずれも大丈夫だった。 ★その一 残り野菜キャベツともやし と 豚肉 ダシの残りとオイスターソースをかけて レンジに入れる。…

「大根の炊いたん」は、京のおばんざいの名前でしょうか?東京に来て、「炊く」というと怪訝な顔をされる。炊くのはごはんだけらしい。たまたま、中国語に詳しいコウコさんが書いていたけれど、中国では「炊→飯を炊く」「煮→ゆでる」「抄→熱湯でさっとゆがく…

今日は急に寒くなって、この9月はメチャメチャ。今日なんか11月の気温とか言うので、私はウールの裏地のコートを着ていった。走るには良いシーズンかと思いきや、雨が多いし。ということで、9月の締めとしては、3回走り、2回泳いだということです。泳ぐのは2…

さっきから大粒の雨が降ってきた。涼しい風も来た。いよいよ秋かなあ。すでに、あんなにイヤだった重い空気、あの暑さを体が忘れている私がいるよ。 この夏に学んだ事は、「水」。地球上には塩分を含まない水は2.5%しかなく、将来は水を奪い合う戦争が起き…

台風が行ったお陰で、今日はさわやかだ。汗をかかなかった。セミも聞かず、9月らしい。夕方には金星、夜半には木星も見えるだろう。 このナツは、一言「暑すぎ」。でも、私の胃は元気だった。それを支えたのは「茄子とみょうが、しょうが煮物」「マンゴー酢…

先日、健康診断を終え、一仕事終わった!前夜10時から胃の中を空にして、バリウム検査に臨む。検査がしんどくて、その後もムカムカ感が続く。でも、自由時間が2時間余りあったので、その界隈をスケッチしてみた。検査は新宿だったので、ランチは「シズラー」…

夏には夏の植物を食べると、体がスーッツとする。体を冷やしてくれるのだろう。最近気に入っているのが「なすとみょうがの煮物」というか、汁物。ただ、かつおだしで煮込むだけ。ショウガを加えると尚おいしいし、口当たりが良い。ショウガは体を温める材料…

蒸し暑い毎日だけど、今年はまだ食欲があり、元気に暮らせている。さすがに走るとかなりしんどかったので、走るのは6月25日で打ち止め。その日は、早朝3時半に起きて、W杯の日本vsデンマーク戦を見た後、6時頃から30分くらい5キロ走った日だ。早朝に走るなん…

先日の鎌倉のおみやげは「潮風のこみちクッキー」にした。ていねいに焼いてあって、塩の味が残って、素朴なのに決まっている感じだった。食べた人達の感想も、軒並み好評。買った時の包装も、ビニールの透明な袋に入れて、口を赤い針金で留めてあるというだ…

はてなで人気の記事に上がっていた「ジップロックで作るオムレツ」というのをやってみた。 http://b.hatena.ne.jp/articles/201004/1093 この連休にしたいことの一つが実行できたけど、張り切った割にはイマイチだったかも。フライパンでする方が数段おいし…

ぜひとも行きたかった「三月の羊」のお店に行ってきたよ。ほわん〜と優しい店主さんが、一生懸命作っているなというお店。茶色いドアを押したら、ゆっくりした時が流れ出す。木製の机と椅子があって、絵本があって、クッキーと羊の形のケーキがポツン、ポツ…

今日はおひなさん。駅のコージーコーナーで、おひな様ケーキを買う人の列を見て、「イチゴサンドを作ろう!」と突然思った。さっそくサンドイッチパンとホイップクリームを買い物して帰った。夕食後からホイプクリームの泡立てをしてみたが、なかなかふんわ…

父の菩提寺から毎年送られてくるお米がある。「祈祷米」と半紙に包まれ、無病息災を祈るものらしい。宗教に疎い私だが、ゴハンを炊くときに入れてみた。というのも、先日ダンナが腹痛で、結構痛そうで大変そうだったから。エビのように体を曲げて、うなる声…

コメントも何もなく、この写真だけ。なんと雄弁な〜 「はてな」のトップページを見て見つけたサイトです。こういう写真に出会えるのは、ネットの力。こういう発想に私は敬意を表します。ネット上にグルメ情報があふれかえり、私は少し辟易しているけど、こう…

1ヶ月ほど前のランチに「溶岩石で焼く 田町 大人のハンバーグ」の店に行けた。行列のできる店で有名で、しかも40食限定のお店となると、かなり厳しい条件の下、クリアしたという訳。11時半の休憩時刻から疾走して11時35分くらいに現地着。3人待ちで達成でき…

台風が来ている。今は静かだが、明日はどうなるだろう?台風のたびに気になりながらも、過ぎたら忘れている。別にどうということはなかったな、一過の空がきれいでイイ!という感じだが、悲劇と隣り合わせなのだ。今週はそんなわけで、ジョギングは休み。30…

家庭菜園のキューリが大量にできるので、「キューリのキューちゃん」を作ったよ!と友達がくれた。ショウガが効いている。おにぎりにして会社へ持って行ったし、美味しくてごはんが進む。レシピを見るとかなり熱を通すためか、保存料等入れていないのに、日…

左足の痛みはあれから悪くなることはないけど、改善もしてはいない。まだ走ると痛い。流行の三次元靴下をはいてみたが、その日の初めはちょっと楽かな。初めのうちは足が楽に感じても、数時間で慣れ、それが楽であることも忘れている。人間は数時間で慣れて…

さっき「ハニージンジャーティー」を飲んだら、首から上が思いっきり熱い。ショウガに直撃された感じ。おいしいけど、毎日はチョット・・・口の中深く、ショウガがしみこみ、広がり、今も体中が暖まっている。辛くて甘い。かなり蜂蜜も入っているのだろう。…

ラスクは発祥が山形だったとは、先日まで知らなかった。先日、山形県出身の知人が遊びに来て、お土産にラスクを持ってきて下さった。「シベール」という店名。なんとなくラスクは、パンの関係で神戸とか横浜の物かと思っていたら、意外!ラスクに塗るバター…

「挟模」と書いて、「バーガー」と読む。1年で1週間だけのランチメニューと聞くと、行くしか無い。先週の金曜日のランチは、「刀削麺」の店へ皆で繰り出した。豚まんの皮が蒸し器に3個載り、別皿に豚の角煮の、いわゆるトンポウローと梅煮と称する漬け物みた…

先日届いた春の幸、「イカナゴのくぎ煮」をゴハンのお供に食べている。東京では「イカナゴ」と言うと、皆知らないと言う様な、地域限定の海の幸なのだ。去年に続き、今年も暖冬で収穫が少ないと、ししょうから聞いていたのに、律儀にししょうはお手製のクギ…

こういう物が美味しいと思えるのは、年をとった証拠?「うど」のシャリシャリ感が美味しい。そのままでも美味しいというのは、この歯触りだけで、脳の美味しいポイントに伝達されるのだろうか?茎は、皮を厚めに剥いて、中身は少しになってしまうが、その少…

先日、会社の帰りに先輩と2人でパン屋へ寄った。ただそれだけの春の宵のできごとを、マップに描きました。約2.5キロをテクテクと歩き、いつもの駅から帰宅した宵は、記念に残りそう。目的の店は15時で閉店、そのまま迷わず本店へ行くことを決めたものの、位…

大好きだったのに、廃番になってしまったパンがあった。「アリコベール」と言う名のうぐいす豆の入った、プチパンのようなパン。三越系の「ジョアン」にて105円で買え、ドンクにもあった、甘い様な素朴なパン。でも、2年程前から無くなったようだ。お店で「…

たまたま崎陽軒のシュウマイ弁当を食べたら、しょうゆ入れが陶器製でびっくりした。雪だるまのような入れ物に、なにか模様があって、何の模様だろうと縦にしたり、横にしたり眺めていた。「虫取り網と虫かなあ?」と思いながら、ネット検索したら、「ひょう…

昨日も水の話を書いたためか、寒の水のことを思い出した。「寒の水を毎年大きなカメに汲んで、その上に紙を載せて蓋をし、水引で縛っていた。」と母から聞いた話。大阪の古い家では、こうして「寒の水」を大切に保存していた。その水はお腹の病気の時やおい…

年末からあこがれていた商品がある。先日ゲットし、一口一口味わってみた。甘さの感じられないようでほんのり甘いシュークリーム。カリッとして、スベッと入ってくる。〜〜シアワセな瞬間。港区勤労福祉会館のショーウインドにあり、売り切れなどなどで私の…

さっき、作りましたよ。5ミリ角のものを180度くらいで揚げるとこんな花が咲いた!!ししょうが京都の錦市場で見つけて送ってくれたのです。「期待しないでね」とわざわざメールが来たけど、いやはや嬉しい開花です。天ぷらをしたので、その後にポトンと油に…

もう20年くらい愛用している野菜保存袋がある。「愛菜果」というもの。そのネーミングに一票ということと、ホントに野菜が長持ちする機能に惹かれ、常備していた。何度か洗って使えるのも好きな理由。それが最近ジップロックに凌駕されている気配。スーパー…

今日は初めて「ヤーコン」という、イモのようなものを買って、調理してみた。生協のカタログにあったので、興味本位で注文したのが今晩届いたのだ。確かに形はさつまいもみたいだが、味は「梨」「レンコン」みたいで、シャキシャキして甘い。レシピ通りキン…

カレンダー「太陽・月・星のこよみ」を今年も注文した。静岡県の月光天文台というところが発行している。毎日の月の形や、日の出、日の入りの時刻、天文現象や十干十二支もあるし、裏面にはその季節の星空が詳しく書いてある。ちなみに12月は「ふたご座流星…

今日はふと見つけた「爆辛スープ ハバネロスープ」を飲んだ。昼休みコンビニで見つけ、まっかな容器と爆辛の文字を見て、手にとってしまった。確かに辛いが、トマトや野菜がベースの味で美味しい。飲んだ後に一気に燃えるようになり、少しずつ少しずつ慎重に…

ひょっとしたら、ノーベル文学賞は村上春樹?と期待していたので、何度もネットを見たが、フランスのル・クレジオ氏に決まったようだ。先日の物理学賞と化学賞受賞で、益川さん達の本が注目されたが、きっと、本屋は村上春樹の本もスタンバイしていたと思う…