読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

展覧会

インターメディアテク

10月中旬のお話です。ママ友と久しぶりに会い、変わらず話せて、お互いのセンスにその人らしさをまた認め合った。いい天気で、銀座から東京へとブラブラ話しながら移動したけど、こういう感じって、バギーを押してたあの日と同じだ。 子育てをするのは、あり…

ちひろの庭

先日は、「あべ弘士の動物王国展」へ行った。村上春樹の好きなメンバー3名とは、「ちひろ美術館」で会うことにして、今回は二回目。3人とも絵本も好きだし、あべ弘士の線が走るような、大胆な絵が好きだし・・とうってつけの会合だった。 彼の展示は、絵だけ…

安西水丸さんのアセテートフィルム

先日「村上春樹とイラストレータ展」を見に行った。いわさきちひろ美術館にて開催。春樹ファンや水丸さんや大橋歩、和田誠、佐々木マキのファンが来ていたせいか、混み合っていた。でも、ゆっくりじっくり見ることができたし、持っている本を振り返って、あ…

絵本 「はしれ、トト」 チョ・ウンヨン作

馬がビューんと走った絵や、その辺にいるおじさんやおばさんの表情がとっても良くて、この絵本を買いました。韓国の女性作家「チョ・ウンヨン」さんを初めて知り、彼女の筆の筆致や、描きたい気持ちに私は惹かれてしまった。競馬場では人はドラマを繰り広げ…

二人の建築家展

先日は2人の友達と一緒に、展覧会巡りとおしゃべりの日だった。一つは「フランク・ゲーリー展」もう一つは「アントニン・レーモンド展」。二人ともどんな建築を作ったのかはっきり知らなかったが、見たことのある教会や美術館を設計した人だった。フランク…

ロベール・クートラス展

先日、フランスの画家、「ロベート・クートラス展」へ出かけた。新聞でふと目にした、小さな作品のあずき色と鉄錆色に惹かれたから。知らない人だったけど、日本にもファンが多いらしい。最終日とあって、松濤美術館には人が多かった。行って良かった!くす…

ミロコマチコさん 新宿伊勢丹ディスプレイ

伊勢丹の新宿店のディスプレイにトナカイが一杯〜 タカタカとひづめの音が聞こえて来るような、雪原。かと思えばオレンジ色の狐がこっちを見ている。この世界観はミロコマチコさんならではの大らかさだ。彼女の高見の見物みたいな世界観が好き。動物の持ち味…

志村ふくみさん 紬の着物 丘の上のAPTにて

先日は、国分寺にある「丘の上APT 児島画廊」に行ってきた。通称チョコレートハウス。薄皮が重なったチョコレートみたいな壁に、ちょこんと横に付け足しの屋根がある。愛嬌一杯のこの形は、樹の上の茶室を思わせ、藤森照信さんの建築かと思った。果たして、…

いわさきちひろ美術館

秋晴れの日に、いわさきちひろ美術館を訪ねた。0歳の女の子とママと、ベビーカーを押して行きました。Eテレのアニメなど手がけておられる佐藤卓さんが、この美術館のロゴマークを作成した縁で、今回はちひろの絵と彼のオブジェみたいなのとのコラボだった。…

安西水丸と和田誠展へ

安西水丸さんが、この春ご逝去された。しかし、彼と和田誠展は例年通り開催された。会場は「スペースユイ」。毎年この時期に2人展が当たり前のように行われていたと言う。今回は水丸さんの作品は少なかったけど、和田サンの頑張りますという言葉で表面的に…

ル・コルビジェ展

ル・コルビジェという人は、安藤忠雄の本で見た教会から知った。安藤氏が尊敬する人はどんな人だろうという気持ちだった。ロンシャンの教会は黒くて、屋根が長くて傾いていて、あれは衝撃だった。その人は、絵や彫刻もやっていたし、それが素晴らしかった。…

松田正平展

私は初めて知った人だった。今日「松田正平展」に行ってきた。気難しいけど楽しいオジさんという感じ。油絵だが、薄塗で、線がシューッツとしている。形の流れがあって、犬の形とか、あけびの形とか、さよりの形とか、フクロウとかその形がシュッツーとした…

東京オリンピック1964デザインプロジェクト

ゴールデンウイークの初めには、ぎっくり腰になってしまい、どうなるかと心配だった。幸い軽く、ほぼ回復した。そこで、予定遂行!近代美術館の「東京オリンピック1964デザインプロジェクト展」を見てきた。私の小学校3年生の時に見たオリンピックシーンを思…

「去年今年貫く棒のごときもの」高浜虚子 いつも新年を迎える時に、この句が思い浮かぶ。日付が変わるだけで、去年と今年とスパッと分かれてしまう。時間は淡々と流れていくだけなのに。それをこうして句にしてくれた。そう、その通りだ〜〜 私にとって、去…

風の強い日だったけど、田中一光作品展に行ってきた。見ていると、シンプルな線がなぜか暖かく、だんだん胸がいっぱいになってきた。日本の高度成長期に、古い日本らしさを大切にした上で、これからを考えて、仕事をした人に思えた。すごい人なのだ。デザイ…

先日のブログで誓ったとおり、今日は「BEAT TAKESHI KIY|TANO」展に行ってきた。楽しかった。笑いながら見たよ。思えば笑いながら見た展覧会は初めてかも。絵も版画も、映像もそれに工作もあった。工作というチャチな物ではなく、オリジナルの機械、自転車の…

行けそうで展覧会に行けない。9月上旬までには「BEATたけし KITANO絵描き小僧展」に、是非行かなくては。マチスみたいな、もっとユニークな絵が並んでいるようだから。BSの「アート☆ビート」番組で、彼は真剣に画家たちの言葉を聞いているのを見たことがあ…

七夕の日に、「花森安治展」に行きました。「暮らしの手帖」の名編集長。戦後の暮らしを、とことん考えて、雑誌から発信した人だ。編集の力も、デザインの力も、彼の持っている全てをこの雑誌に投入した。根底には、「あの戦争は何だったのか?」「庶民の暮…

光は明るいけど、まだ寒い寒い。先日は一日だけ暖かかったので、「Jackson Pollock」展に行ってきた。線と点が飛び交うだけなのに、イイなあ!色の感じか、好きなのが何点かあった。なぜ惹かれるのだろう?ミロみたいな感じかなあ。ブルーの色かなあ。彼の作…

今年のおひなまつりには、小さな雛も参加した。知人が紙粘土で作ってくれたのです。赤い段々に座って、笑っているよ。ケースまで手作りで、持ち運びも簡単。会社のパソコンの上に飾って、オフィスに春を伝えました。また電車に揺られて自宅に持ち帰り、見な…

「ミロコマチコ」さん個展に行ってきた。面白い展覧会。楽しくてノビノビした気分になった。ガラガラと戸を開けたら、そこにはカモメが泳いで、サルが赤い顔してこっちを向いていた。カモメの切抜きが古びた土間に泳いでいる。「ミロコマチコ」さんという人…

今日は「オバタクミ」さんの銅版画の個展へ行った。とってもとってもイイ作品ばかり。ご本人も、その作品そのものみたいなカワイイ人。動物がいて、ちょっと色が添えてあって、バックの紙がちょっと灰色だったり、黒い線が入っていたりするだけで、画面が動…

秋岡芳夫氏という人を知らなかったけど、友達の勧めで展覧会へ行ってきた。華やかなことではなく、じっくり、自分のできることを進めてきたら、日本の工業デザインの草分けになってしまった、という感じの、シャイな謙虚な人に思えて、それがまた素晴らしい…

先日、両国にある「江戸東京博物館」に行ってきた。平日なので、誰もいないかと思いきや、大勢の人たちがバスなどでやってきている。年配の人が多いし、海外からの旅行者も多い。小中学生も社会見学にやってきている。面白い所だった。江戸の成り立ちから、…

黒田征太郎の絵が、三宅一生のお店にあると聞いて、銀座の店に立ち寄ってみた。お店は見つかったけど、だあれもいなくて、気後れしてしまった。大きなパネルに動物たちが一筆書きで描いてある。確かに黒田さんの世界だ。奥には、水彩の抽象画があったけど、…

先日、鴬谷近くの正岡子規が暮らしていた、子規庵に行ってきた。なんと、行った日は彼の命日である糸瓜忌の前日だった。そんな訳で、遠方からファンが訪れているようだった。彼が結核を患い、この家で闘病していた。病床にあって、句に詠んだり、スケッチを…

大阪からAチャンが来て、一緒にクレー展に行った。小さい作品がたくさんあって、それも手法が色々で、飽き足らず、違う方法で表現したかったんだな〜色彩がきれいな〜と思って見てきた。風景を描いた赤茶色と緑の色彩の絵が大好きだ。水彩でぼかしたような中…

今日は目黒の「藤城清治自宅スタジオ展」に行った。わー〜〜すご〜イ!素晴らしかった。彼は、「この世の中で一番美しいのは光と影だ。」という人だ。それを見事に影絵という独自の方法で見せてくれる。「くらしの手帖」1号から、物語の挿絵を連載している人…

余り乗り気でなかったけど「岡本太郎展」に行ってきた。行って、気が晴れたよ。やるぞ〜という一直線な感じがあって、先駆者とはこういうものかなと思った。カラフルな有名な作品より、落ち着いたレンガ色のトーンンの「装飾」という作品が一番好きだった。…

先日、「いせひでこ」展に行ってきた。そこで「ルシユールおじさん」の本を買って、読んでいると、気持ちが落ち着いて、安らいだ気がした。震災のニュースで、暗くなってしまうけど、この本を読んでいたら、波だった気持ちが凪いでゆく感じがした。私は、以…

先日シュルリアリスム展を見てきた。パリのポンピドウセンター所蔵作品だから、フランス語読み。「シュールリアリズム」は英語読みであるらしい。結構グロいので、私は苦手なのもあるけど、型破りということでは、その通り!!こういう人がいるから、世界は…

先日、「カンディンスキーと青騎士」展に行ってきた。カンディンスキーと聞くと、必ずと言うほど展覧会へ行っているよ。今回は、カンディンスキーの初期の作品が主で、抽象画は少なかった。彼の教え子であり、恋人でもあるミュンターとの逃避行での作品など…

ノアビルの黒い恐怖さえ覚える建物は、白井晟一氏の建築だった。こんな建物を生む人はどんな人だろう、という気持ちから、白井晟一展へ行ってきた。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%BA%95%E6%99%9F%E4%B8%80 パンフレットにある本人の顔は、哲学…

清洲橋のスケッチを終えてから、汐留の展覧会へ行ってきた。「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展」。ここでは、バウハウスに学んだ生徒達の平面作品、立体作品や洋服、家具、キッチンが展示されている。展示のキッチンでは、撮影も可能で、展示の…

「輝ける闇」の本は、けっこう時間をかけて読んだ。どのページも、どの行も、すごかった。現場をこんなに書ける力がスゴイ。言葉の力を知らされた本だった。私は、スゴイとしか表現できないけど、とっても良い一冊でした。 先日は「シャガール展」へ行ってき…

台風が行ったお陰で、今日はさわやかだ。汗をかかなかった。セミも聞かず、9月らしい。夕方には金星、夜半には木星も見えるだろう。 このナツは、一言「暑すぎ」。でも、私の胃は元気だった。それを支えたのは「茄子とみょうが、しょうが煮物」「マンゴー酢…

毎日暑すぎる。ジョギングも最近全くしていない。走っている人を見ながら、すごいな〜エラいな〜、夜涼しくなったら走ろうかな〜と思いながらも、何もしていない。ただ、「逆立ち」はかなり前から毎晩していて、ちょっとシャキッとするかもと思う。京都に行…

先週末は神戸や京都に行った。思ったより暑くはなく、京都の田舎では昔の夏休みの肌合いを感じた。池に冷やしてあった大きな大きなスイカを、集まった14人の親戚で食べ、亡き人達の話をしたり時を過ごしてきた。その中で、「小豆島にツーリングに行く」とい…

先日は板橋区立美術館の「ボローニャ国際絵本原画展」を見てきた。色んな技法に触れることもできたし、本をゆっくり読めて、良い時間が持てた。絵本といっても、テーマが哲学的な色合いを帯びたものもある。ページを繰る瞬間は、絵本ならではの楽しみ。オバ…

先日は私のブログにコメントを書いてくれた青年がいて、「村山槐太」と「山田かまち」に魅せられたとのこと。それから絵を描き始め、群馬県で個展を数回開いている。何しろ、次々と荒いタッチで作品を作っている人だ。ネットのお陰で、彼を知り、若い彼の力…

昨日はゲリラ豪雨で、家の前の石神井池が氾濫せんばかりだった。大事に至らなかったけど、北区では道が冠水して、被害があったようだ。今年の梅雨は「降る」といいながら降らなかったり、結構雨量が少ないと思う。また色んな影響がでるのではあるまいか?そ…

どうしようか迷ったけど、行きました。「ルーシー・リー展」新国立美術館へ。初めて見た時、その青い色ときれいな形に胸がドキドキしたけど、今回もその青い器を見たら、胸が高鳴った。彼女の制作過程のビデオを見て、窯の中から作品を取り出すときの労力と…

先日は「再発見!クレパス画」展に「うらわ美術館」へ行ってきた。三岸節子や脇田和の作品があることが魅力で訪ねたが、嬉しいのは猪熊弦一郎があったこと。村井正誠のコラージュが面白かったこと。クレパスという素材は、手軽な様で奥が深いと思った。「安…

ミドリの日にロシア構成主義を担った2人の展覧会に行ってきた。2人は夫婦で、絵画、グラフィックデザイン、写真、ファッション、舞台装置と幅広い活躍をしたそうだ。 http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/rodchenko/index.html 今までどこかで見た…

少し春らしくなって、家にいるのがもったいないようなゴールデンウイークになりそう。その間には、ぜひスケッチをしたいなあ。昨日は「絶対行く!」と楽しみにしていた「三岸節子展」に行ってきた。やっぱりすごいなあ〜その言葉を繰り返すだけ。風景も花も…

今日も寒い。冷たい雨の中を帰宅した。「カレー鍋」が食べたいと思って「カレー鍋の素」を求めてスーパーに立ち寄ったけど、4月のスーパーにはそれは無かった。仕方なく「うどんすき」にして、まあこれはこれで満足したけど。早く暖かくなってほしい。 昨日…

新木場駅を降りたら、そこは大阪南港だった。既視感がある。大きなトラックが重そうに鉄の長い棒を運び、スピードを増して走り去る。向こうは岸壁。海がゆらゆら揺れている。物流倉庫が群れて、真保裕一の「連鎖」に出てきた場所でないかと思った。ここが新…

先日、一度は見たかった「アンリ・カルティエ=ブレッソン」を見に行った。「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし」が東京都写真美術館で催されている。私はこの有名な「瞬間の記憶」を最近知ったが、題名通り瞬間そのもの。映…

先日、赤の独特な画家、村山槐多の展覧会へ行った。ほとばしる熱気に鬼気迫るものを感じる作品が並ぶ。ガランスの色と黒々とした力強いデッサンから、心身を投げ打って描いていることが伝わってくる。デカダンの短い人生を終えた人だ。絵というものがあった…

お正月明けは、2日から美術館がオープンしていたので、さっそく「早川良雄展」に出かけた。彼の作品は、以前「gggギャラリー」で見て、「形状」の作品に強く惹かれたのだ。今回もその作品をしっかり見、「顔」のポスターの「かんざし」の粋な構成にイイナ〜…